2015年5月2日土曜日

忍野、ウェットでガツンッ!

連休谷間(?)の5月1日、NYさんと桂川忍野へご一緒しました。

この日のクライマックスはこのブルックトラウト!

前回は4月5日、およそ一月ぶりの忍野でしたがこの時期の一ヶ月は季節の進行が早いですネ。
森の木々も新芽が美しく輝いています。
この季節は遊歩道の散策だけでも楽しくなります。


天気は晴れ。最高気温は20度でカラリと乾いた昼間は早くもジリジリと焼けるようでした。
釣りを開始したのは8:30。その時刻の水温は14度でした。

ユスリカはあちこちで塊が発生していましたが、メイフライやカディスのハッチは一日を通してまだ少ないように感じました。
また魚もすれてきているようでミッジ攻略が結果を左右する、忍野らしいコンディションになってきたのかもしれません。

この日の一尾目はスタンダード・ミッジドライ(#20)で釣ったレインボー!

僕の最初のキャストは下流側の森の中。
このエリアでは非常に分かりやすい、イマージャーを捕食していると思われるライズが多数ありました。
僕がチョイスしたのはスタンダード・ミッジドライ
特に難しいこともなく、ライズのニジマスをキャッチ!
割とあっさりと一尾目を釣ってしまったので、「今日はウハウハではないのか?」と早くもテンション上がってしまったのですが、当然ながらそんなに甘くはありませんでした(苦笑)。

NYさん、花粉にめげずナイス・フィッシュ!

一方、NYさんの一尾目は最上流エリア。レッドタグをナチュラルドリフトで釣ったようでした。

レッドタグでキャッチしたレインボー。

ちなみにこの隣にいた僕は、NYさんがレッドタグでヒットさせるのを見てフライをピーコックボディのニンフにチェンジ。
すると立て続けに2尾ヒットしました。

フライを小型ニンフにチェンジしたらすぐにヒット。

続けて釣れたニジマスは27~8cmのなかなか良いサイズでした。

その後は中だるみの時間が続きました。
目に見える状況としてはそれまでとあまり変わらず、ハッチはユスリカがメイン。小型のメイフライも目にしますが、ライズがそれに連動しているようには感じません。
ライズ自体それほど多くはないのですが、ライズとしては忍野らしい極々小さな虫を捕食している様子。

ドライ、イマージャー、ニンフ・・・としばらく頑張ったのですが、2時間ほど無反応の時間が続いた後で、一気に作戦変更しました。


少ないとは言え、メイフライの飛翔は目にします。
飛んでいるということはハッチしているわけですから、メイフライのイマージャーをイメージしてウェットフライで流れの中を探ることにしました。
忍野地区は全体的に穏やかな流れが続いているのですが、それでも何ヶ所か瀬があります。
瀬の中に潜むアクティブなトラウトをウェットフライで積極的に探っていきます。


すると予想通り元気なトラウトが流れの中でウェットフライにアタックしてくれました。
ここでも立て続けと言って良いのですが22~3cmほどのニジマス、そしてすぐサクラマス(銀毛ヤマメ)がヒットしました。

ヒットフライはグラウス(ライチョウの仲間)を使った#12の黒いリードフライ(先端に結んだフライ)です。
ちなみにドロッパー(枝針。ウェットフライではドロッパーとリードフライと言う2本針仕掛けとすることが多いです)にはウッドダックをウィングに用いた#10の一回り大きなウェットフライを使いました。


そしてこの日のクライマックスは、太陽の光が金色に輝き始めた頃やってきました。
ポイントを移動し、先ほど2尾立て続けに釣った時と同じウェットフライを流します。
ライズがあった辺りでちょっとテンションを与えてフライが浮かぶようなイメージで操作すると、クンッと小さく押さえ込むような当り。

右の2本がヒットフライ。上:ドロッパー#10、下:リードフライ#12

ヒット。
その後は「スレ」か、それとも「コイ」か?と勘違いするような荒々しいファイト。
ヒット地点でひどく暴れたのをいなすと、今度は頭を振りはじめたので前回同様イワナかなと思ったのですが、寄せてくると頭がとがっています。ブラウン?
確認する間もなく今度は流れを上流へ、下流へと何度も走り続けます。強いっ!

僕のブルックトラウト・レコードとなりました!

そんなこんなでやっとこさランディングしたのは、40cm超のブルックトラウトでした!
大興奮♪
僕のこの日の釣りはコレで終了。
もうちょっと続けたのですが、もう集中力が切れてしまって(笑)、何尾かばらしました。

NYさん、納得の一尾!

NYさんのこの日のラストフィッシュは夕マズメの非常に美しいレインボー。
流れに木の枝がオーバーハングする狭く難しいポイントでエルクヘアカディスを流し、狙ったライズをモノにした、会心の一尾。

ちなみにNYさんはこの日、5尾のニジマスをキャッチしました。
今日は簡単な日ではなかったですけど・・・お見事です。
フライフィッシングをはじめてまだ一年足らずとは思えませんね。
誰に習ったんですか?(笑)

ちょっと暗くて上手く撮れませんでしたが、実際はもっと赤味がかった体色の美しい魚でした。

新緑の美しい季節です。
美しい魚を釣りに行きましょう!
Keep casting and tight line!

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏ヤマメ

 今年は6月中に梅雨明けしてしまったこともあり夏が長いですね。必然的に渇水が懸念されたところですが、梅雨明け後に起きた西日本での豪雨災害の被害の大きさに言葉も出ません。被害にあわれた方に心よりお悔やみ申し上げると共に、一日も早い復興をお祈りいたします。