2017年3月31日金曜日

G様「オイカワドライ」での釣果

 神奈川県のG様からオイカワドライをご利用いただいた際のレポートをいただきましたのでご紹介させていただきます。



 バンバン釣っています(笑)。
南風が強くなり水面にさざ波がたつと、ぐっと食いが悪くなりますが、運に恵まれると
夕方一時間ほどで 40~50の入れ掛かりに恵まれます(今年になって三度ほど)。
 毛鉤の色ですが、渓流釣り(エサ テンカラ)の大ベテランが春先は白いのが良いなどとのたまうので使うのがためらわれていた白を使ってみたら、これが夕方大当たりでした
(日中はゼブラのほうが 良いようです、赤、黒は もう少し暖かくなって本流のほうで使います)。

 三月十六日の日中、納得キャスト&フッキングの一匹の写真添付します。
これより1~2センチほど大きいのが一時間で10~20ほど釣れる時が一番ハッピーです。

 五月に四国でアマゴ釣りに挑戦するので 今回それ用の毛鉤もいただきました。
昨日#4の竿ラインで 投げる練習をしましたが、#16の毛鉤で10cmくらいのヤマベが釣れました(笑)。

***

 G様、レポートありがとうございます。お役に立てているようで非常にうれしく存じます。
 フライの色はなかなか難しくて、ユーザーの皆様それぞれ自信のカラーをお持ちのようで、そのお話を伺うこともまた楽しみになっています。
 それにしても短時間での大漁、素晴らしいですね。オイカワがいくら群れる魚だと言ってもフライではなかなかそれほど釣れることはないと思います。

 四国へアマゴ遠征の計画もおありとのこと、楽しみですね。美しいアマゴの写真も期待しております!

0 件のコメント:

コメントを投稿

シューティングヘッドシステム

 先日の西表島釣行の際のタックルについて質問をいただきましたので、ちょっと詳しく紹介いたします。