2017年4月7日金曜日

春のレッドスピナー


 先日、某渓流へ行ったときレッドスピナーにマッチする小型のメイフライのハッチを確認しました。

 

 春のシーズンは比較的小型のカゲロウ類が多いので、スタンダードミッジドライを使うことも多いのですが、このレッドスピナーも同じ理由で僕が多用するフライの一つです。
 オリジナルは英国の伝説的リバーキーパー、フランク・ソーヤー氏考案の「フェザントテイル・レッドスピナー」というパターンです。シンプルさゆえに非常に使いやすい、汎用性の高いドライフライだと言えます。
 レッドスピナーと言う通り、赤いスレッドが差し色になって印象的ですが、ボディのフェザントテイルの質感も「いかにも」と言う感じがします。

 ちなみにこの写真のフライは、ボディをフェザントテイルでなくターキーテイルを用いています。フェザントテイルよりターキーテイルの方が切れにくく、丈夫なことがその理由です。

【追記】
 4月のある日曜日、このレッドスピナーを使って渓流のニジマスをキャッチしました
 ライズフィッシングにも十分役に立つフライです!

0 件のコメント:

コメントを投稿

ベルギー釣行準備②「旅の道具はコンパクトが基本」編

 紆余曲折があった末にようやく決まったフライフィッシングのプランは初のベルギー釣行となりました。ちなみにドイツへは10数年前に一度行って南部地方を巡ったことがあるけれど、ベルギーは初めて。ブリュッセルやアントワープなんて言う有名な観光地には目もくれず真っ先に鱒の棲む川を目指すとい...