2016年5月2日月曜日

連休前半はローカルリバー

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?フライフィッシング三昧してますか?(笑)
今年はなかなか調子が上がらないローカルリバーですが、先日無事にこの川での初ニジマスを釣った事ですし、連休前半はこの川を改めてじっくりと釣ってみようと考えた次第です。

渓流に立つルアーマンとフライマン。

同行していただいたのは、このブログでもお馴染みになりつつあるこの流域在のルアーマン、WHさんです。
この日は地元ならではの竿抜けポイントを紹介していただきました。


それにしても桜が去った後の新緑の勢いに驚きます。
風景はすっかり初夏になりました。

それにしてもこの日は非常に良い天気でした。実際夏日になったようですが、青空も白い雲も夏を想起させる見事な快晴でした。

ところが釣りの方は快釣とはいかず、釣り始めのポイントで小振りのヤマメのストライクがあるも、痛恨のあわせ切れ。フライの結び目でティペットが切れてしまいました。

次に竿を出したエリアでは水面をナチュラルドリフトするドライフライにゆっくりとニジマスが浮かんできてパクリ。
ヨシッとばかりにあわせを入れると一瞬ぐっと重みが乗った後にスッポヌケ。これはポイントに対して立つ位置が悪かったんですよねぇ。。フライの流れるラインと魚の居る位置と僕が立っている位置がまっすぐ直線上にあったためにフッキングミスをしてしまったように思います。
魚がフライをくわえる位置(向き)とフライの流れる筋とに少しでも角度が付いていれば良かったと思うのですが・・・。

WHさんは、堰堤下の落ち込みをスプーン(ルアー)で攻略。

その後、コンビニ弁当のランチを挟んで午後も釣り開始。ここでは僕は全くの泣かず飛ばず。
一方、WHさんは好調で、とある堰堤下のポイントで連続ヒット!ネットインしてキャッチした魚こそ2尾でしたが、5度のヒットで地元ルアーマンとしての面目躍如と言う所でしょう。

スプーンでアブラハヤの衝撃(笑)。

そしてWHさんのすごい所はトラウト以外の釣果(笑)。昨年のカワムツ連続ヒットも驚きましたが、この日はアブラハヤもゲット。正直、僕はルアーでアブラハヤを釣る人をはじめて見ました(笑)。
ちなみに蛇足ですが、WHさんは先日ワカサギをミノーで釣った写真を送ってくれました。偶々釣れたのには違いないでしょうが、それにしてもミノープラグに連続ヒットだから、そこにある種のパターンが存在していたのでしょうね、全く驚愕のルアーマンです(笑)。

堰堤上のプールでライズ発見。

この日の釣りはここまで。僕自身はノーキャッチと言う不甲斐ない結果になってしまいました。
***
そして後日、なんとかリベンジを果たすべくローカルリバーの一つ「虹鱒の川」へ一人向かったのでした。

例年よりもストーンフライが良く目に付きます。

川の水量も十分。メイフライのハッチもそこそこあります。ちょっと気になったのは例年よりストーンフライ(カワゲラ)が多い気がします。だからといってその比較的大型の水生昆虫に連動するライズがあるわけでなく・・・、またここぞと言うポイントを釣り上がっても無反応が続きます。
ん~、今年は本当に難しい。


ようやくヒットしたのは釣り始めて90分ほどたった頃でしょうか。ちょっとした落ち込みの流れ出しを丁寧に長く流してヒットさせることができました。22~3cmほどのヤマメです。とりあえず1尾釣れたのでほっとしました。


ところがこの1尾で気を抜いたわけではないのですが、先日と同じ失敗の繰り返し。
一度はあわせ切れ、もう一度はランディング直前にフックオフ。。いずれも20cm弱くらいのサイズでしたが、このバラシ癖は我ながら情けないですネ。。

ヒットフライはスピナー(モスキート)です。
この時期の僕のパイロットフライと言って良いフライです。

ちなみにヒットフライはカゲロウフライのバリエーションである「スピナー」です。まぁスピナー(カゲロウ成虫)といいながら、黒を基調としたモスキートカラーなのですが、この時期はこういった小振りのメイフライパターンをパイロットフライ的に使うことが僕は多いです。
まずはこのフライを流して様子を見て次の展開を考えます。


先ほど、ストーンフライ(カワゲラ)が目に付くといいましたが、もう初夏といっても良い気候が続いていますので、当然テレストリアル・インセクト(陸生昆虫)も多く目に留まるようになりました。
これから徐々にトラウトが捕食するメインの餌が水生昆虫から陸生昆虫へと移っていきます。釣り場の環境の変化を見逃さないようにしたいですね。
盛夏のおおらかなテレストリアルの釣りが今から楽しみです♪


イブニングタイム。
すでに道具を仕舞った後になってメイフライのハッチを見ることができました。この日はそのまま帰りましたが、イブニングを集中して釣ってみるのもおもしろそうですね。

イブニングタイムに起きたスピナーの飛翔。

さあ、これから大型連休後半戦です。是非良い釣りを愉しんでください!

背後に視線を感じて振向くと、オスのキジと目が合いました(笑)。
比較的身近にいる割には姿を捉えることが難しい、非常に美しい
鳥です。
ただ美しいだけでなく、皆さんご存知の通り日本の国鳥でもあります。
Keep fishing & tight line!

0 件のコメント:

コメントを投稿

ロン、フィッシュ・オン!

米国から来日したロンさんと一緒に忍野へ行ってきました。新緑の美しい最高の季節ですね。