2016年1月16日土曜日

ターキーでホッパー

ターキー・ウィングをふんだんに使ってホッパーを巻いてみました。
使うのはターキーのクイルウィングとセンターテイルで、クイルウィングはもちろんウィングに、テイルファイバーはボディとレッグに用います。
つまりハックル以外のマテリアルはターキーのみというシンプルなレシピです。



***

① フックシャンクの後ろ側にボディとなるターキーテイル・ファイバーと、ボディハックルを巻きとめます。


② ターキーテイル・ファイバーを巻いてボディを作ります。今回ボディもターキーを用いていますが、ピーコックハールやダビング材でももちろんOKです。


③ ボディハックルを粗めに巻きとめます。実際のホッパー(バッタ)類はお腹に毛はないので、このボディハックルはなくても構いません。
 

④ ターキークイルを左右同量切り取り、シャンク真上に巻き止めます。


⑤ テイル・ファイバーを結んで作ったレッグを両サイドに結び付けます。この脚の存在こそがホッパーの代名詞と言えるでしょう。


⑥ ウィングの前にもう一度ハックルを巻き止めます。


⑦ ボディと異なり、密にハックルを巻いて完成です。


***


今回は14番のフックを使って、ホッパーとしては小さなサイズで巻いてみました。このサイズだとカディスとしても使えそうです。

水生昆虫のハッチが一段落する夏頃、このホッパーを持って渓流を釣り歩きたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ロブさん親子と忍野でピクニック

日本を旅行中のロブさんから、4月某日に山中湖のホテルへ宿泊するのだが釣りのガイドをしてもらえないだろうかと連絡をいただきました。 ガッツリ釣りをするというよりは小学生の息子さんにピクニックがてらの釣りを楽しんでもらいたいというのが目的のようです。 そこで山中湖からも非常...