2015年6月7日日曜日

フォーム・トンボ

トンボフライを巻いてみました。

フォーム・トンボ(#8)

今年も近々、裏磐梯の湖へスモールマウスバスを釣りに行く予定です。
昨年はモンカゲロウにライズするバスをドライフライでウハウハ釣ることができました。

それはそれでとても楽しかったのですが、何か釈然としない思いがあったのも確かです。
理由は簡単で、トラウトを釣るために巻いたフラで釣ったからなんですね。
僕がバス釣りを楽しむのは、それがトラウトとは異なるフライフィッシングだからです。
トラウトでは恥ずかしくなるようなポップなフライ、ポッパーやバスバグを使って大らかに釣りが楽しめるからこそバス釣りに出掛ける訳です。
そこで、大型メイフライ(モンカゲロウ)パターンとしても、流用できるようなトンボ・パターンを巻いてみました!

ねっ、やっぱりバスはポップなフライが合うと思いませんか?
モンカゲにライズするトラウトを釣るのは厳しいかもしれませんが、バスならラージマウスでもスモールマウスでもこのトンボフライで楽しめるのではないでしょうか。

今年の裏磐梯釣行が楽しみです♪

2 件のコメント:

  1. 裏磐梯釣行の結果が楽しみですね!。
    昨年釣り専門TVで、村田基さんがセミを模した白いルアーで丸沼で爆釣していたのを見たことがあります。できたら、フォームのセミフライを巻いて試してもらえませんか。秋の湖で試してみたいなと思っているのですがーーー。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      実は僕の中で、バスフライというカテゴリーでは、「セミ=フォームポッパー」の図式が出来上がっています。
      http://www.paddlefreaks.net/06hibarako-04.jpg

      実は今回のトンボとかセミとかっていう、キャラが立っている対象はタイイングが非常に難しいですネ。
      実は今、夏から秋にかけての新しいパターンとして現行のフォームホッパー(バッタ)を少しダウンサイジングしてトラウトにも使いやすくしたものを考えているところなのですが、折角なのでセミのパターンにもトライしてみます♪

      削除

久々の桂川忍野釣行

 およそ一か月ぶりに桂川忍野へ釣行しました(9/9)。