2015年11月27日金曜日

ラスカルを読んだかっ?!

ちょっと閑話休題。



バート・ブルース氏 ―というのが老人の名だった― は、ぼくに五キロのマスを見せてくれた。その大物は暖炉の上に飾った剥製で、まるで生きているようで、水面にきらめくロイヤル・コーチマン ―マスはそれに食いついたのが身の破滅となった― に向かってライズしていた。ラスカルを抱きあげて、このどえらいブラウン・トラウトを見せると、ちびはこの大物を誘惑した毛バリの赤いきらめきに誘われて手をのばしかけた。ぼくのあらいぐまも毛バリにひきつけられるもようだった。
(スターリング・ノース著『はるかなるわがラスカル』)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ベルギー釣行準備②「旅の道具はコンパクトが基本」編

 紆余曲折があった末にようやく決まったフライフィッシングのプランは初のベルギー釣行となりました。ちなみにドイツへは10数年前に一度行って南部地方を巡ったことがあるけれど、ベルギーは初めて。ブリュッセルやアントワープなんて言う有名な観光地には目もくれず真っ先に鱒の棲む川を目指すとい...