2018年5月3日木曜日

養沢釣行

 桂川忍野をメインにフライフィッシングを楽しんでいらっしゃるヨシトモさんとそのご友人のお二人をまだ行ったことがないという養沢フライフィッシングストリーム(東京・秋川)へご案内しました。

グラスロッドのベンディングカーブを楽しむ。

 ここは自然渓流を利用した毛鉤釣り(フライフィッシング、テンカラ)専用の管理釣り場で放流量も多くサイトフィッシングが楽しめます。ただし東京にある釣場ゆえに常に釣り人が多くそれなりのプレッシャーの中で魚を釣らなければならないので、それほど簡単ではありません。

渓流の定番、エルクヘアカディス

 管理釣り場特有の放流間もない魚や、過度な人的プレッシャーによってエサを積極的に追わなくなっている魚はやはりニンフでのアプローチで釣るのが定石となりますが、約4kmという釣場の長さがあるので積極的に自分で釣りたい魚を探すことも可能です。決してドライフライで釣れない釣り場ではありません。

エルクヘアカディスで釣ったニジマス。

 ビギナーさんは忍野で何度かフライフィッシングを経験したとのことでしたが、釣り初めにまずキャスティングレッスンをさせていただきました。簡単なコツを飲み込むことができれば渓流で楽しむ程度のキャスティングスキルはすぐにマスターできます。
 実際、この日はニンフ(ルースニング)で2尾、ドライで1尾キャッチできたそうです。

ルースニングでプールの魚を狙う。

季節的にまだ早いかなと思いつつもロイヤルコーチマンを結ぶ。

元気なニジマスが釣れました。
体に傷があるのはゴイサギかカワウに狙われたか?


こちらはグラマラスなニジマスがドライフライをバクリ!


 実はこの日のクライマックスはやはりイブニングタイムで、日暮れ前の1時間ほどに大興奮のプールを見つけてしまいました。特に他と変わったところはないように思えるのですが、なぜかこの場所だけ非常に多くのライズがあって14番サイズのメイフライでバコバコヒットとなったのでした!

春のメイフライと言えばライトケーヒル

 実はこのポイントを最初に見つけたときは、ポツポツとライズがあるなと思った程度だったのですが、何となく心惹かれて落ち着いて攻める気になったのでした。しかし目視した範囲ではユスリカか小さなカディス以外いなく、したがって最初は16番以下のドライフライを流しました。

滝壺風堰堤ポイントあり・・・

 ところがこれら小さなフライはことごとく無視され、ニンフに変えようかと思ったときにメイフライのダンが目につき始めました。その瞬間に分かりましたね。恐らく水中を大量に流れていたイマージャーを捕食していたのでしょう。そこでフライをニンフでなく、その羽化したメイフライに合せてより大きな14番のフライにサイズアップしてキャストを繰り返すと・・・読み通りの連続ヒット!

 やがてヨシトモさんがやってきたので何はともあれ「14番のメイフライを早く!」と伝え、隣でキャストしてもらうと彼もまたこのポイントだけで5尾以上ヒットさせたのでした。

里川風のんびりポイントありで非常に楽しい釣場です。

 このポイントに遅れて着いたビギナー氏だけはその恩恵を受ける前にタイムアップになってしまったことが残念でしたが、それも含めてフライフィッシングの面白さの一端なのかもしれませんね。是非リトライして欲しいものです。


 皆さん、ゴールデンウィークは楽しんでいらっしゃいますか?
 良いバケーション、そして良い釣りを! Tight Line!

0 件のコメント:

コメントを投稿

癒しのブルーギル釣行

 10月4日から7日にかけて西表島へ旅行を予定していたのですが台風25号の影響で離島フェリーが欠航となり、旅行そのものを中止とせざるを得ませんでした。  この時期のマングローブトリップ&フライフィッシングが個人的に定番化しつつあっただけに非常に残念です。それに今回はマングロ...